せどりを本業にするなら許可証を発行

せどりは、ある意味買取のようなビジネスではあります。オークションなどで品物を買って、それを高く事になる以上は、買取業のようなビジネスとも言えるでしょう。それを考慮しますと、実はせどりは古物商許可証を発行しておく方が無難です。

買取やせどりと許可証

そもそも買取のビジネスを営む為には、許可証は必要なのです。それを取っていないと、無許可で商売を営んでいる状態になります。もちろん、それは法的に問題があるのです。
ですから買取業を営んでいる方々は、ほぼ確実に古物商許可証を取っています。後述しますが、発行する際にはお金もかかるのです。
ところでせどりというビジネスも、ある意味買取業になります。オークションなどで買った品物を売る流れは、買取業に非常に似ているでしょう。それだけに、実は本格的にせどりで稼ぐ為には、許可証を取っておく方が良いのです。

トラブル防止の為に許可証を発行する

せどりは、ある意味転売のようなビジネスであると解釈されている事があります。その都合上、許可証を取っていないとトラブルに発展してしまう可能性もあるのです。
実は、せどりはトラブルに発展する確率は極めて低いです。転売であるかどうかを証明するのは困難だからです。しかし明確な転売目的であることが明らかになりますと、やはりトラブルに発展する可能性はあります。
ただし許可証を発行している場合は、その限りではありません。現にせどりを本業にしている方々は、たいてい許可証を発行しています。発行しておく方が無難だからです。

許可証を発行する流れと発行料

どうやって許可証を発行するかと言うと、まずは警察署に行きます。それで古物商の証明を発行したい旨を伝えれば、どのように手続きを進めるか教えてくれます。証明書を発行する際には、色々書類も必要です。
それで注意すべき点が1つあって、証明書を発行する際に19,000円を支払う事になります。つまり許可証は有料になるのです。その出費がやや大きいと感じられる事もありますが、それでもトラブルを回避できる訳ですから、やはり発行しておく価値はあります。
特にせどりを本業にするなら、やはり証明書は発行しておくべきです。本業ですと、かなり大きなお金が動く事になりますから、いざトラブルになると面倒な状況になる可能性があります。
ただ証明書を発行しても、せどりで十分に元を取る事も可能です。多くの商品を売り続ければ、月収数十万円ぐらい稼ぐ事も十分可能だからです。若干の手間はありますが、確実に発行しておく方が良いでしょう。

SNSでもご購読できます。