副業をすることのメリットデメリット、税金の事や始めるにあたって覚悟するべきこと


憧れの副業生活、本業として昼間の時間、所定の場所で所定の業務をこなして、所定の報酬をうけとるということを完全にこなしつつ、別の事を本業に拘束されない時間帯にすることで別の報酬をうけとるというライフスタイルです。実に素晴らしいことです。本業で手にした現金は、家族の生活を継続するために充当されて、副業で稼いだ現金は自分の趣味の為に使うということが実現しますし、貴方の隣の人が始めていることもあります。総務省の調査によると、副業をしているか副業をしたいと思っている「副業人口」は691万人いるといううことです。何のことはない、日本全体の就業人口の1割強が、副業メンバ-なのですね。具体的な品目としたら、知人に頼まれたアルバイトや断れなかった内職、人気先行感が強いですがWebライティングや株・不動産投資、フリマアプリでハンドメイド作品を売る等・・沢山あります。 いずれにしても、副業を始める、あるいは始めているならば、副業をすることのメリットデメリットについてしっておくべきでしょう。メリットの方は、たくさんあります。多くの人の場合、本業以外に収入が出来ることになるので、金銭的な余裕が出来るということです。生活費に充当する人もいるでしょうし、贅沢な食事を複数回するという人もおられますし、自分の為にエステにかよって投資するという人もおられます。あるいは、現金収入が増えること以上に、自分のアイデンティティの確保が出来るということがあります。特に、何かの講師とか始めた人の場合、それが多いです。 方や、デメリットについては、時間的な余裕がなくなってしまうことがあげられます。どんな人も一日は24時間なので、本業にかなりの時間を取られて、それにプラスして副業ということで、自由に使える時間がほとんどなくなってしまいます。その為に、精神的にかなりきつくなりますし、肉体的に一日の疲労がその日に取れないまま次の日になることが良くあるようになります。その為に体をこわしてしまう人も結構おられます。それから、これらの難しい条件をクリアとして副業として、本業と並行して進めるようになったら、確定申告のことを意識することが必要です。本業の場合、税金に関しては会社が全て代行してくれていますので、ついつい忘れてしまいますが、副業においても収入が発生した場合に税金は払う必要があります。具体的には本業月収の3倍以上稼げるようになったら、用意は必要です。出ないと、脱税ということになる場合もあるので、「稼げた」ということで、足元をすくわれないようにしないといけません。