安心して取引ができるFX業者の選び方

最近ではサラリーマンだけでなく主婦など少額から始めることが可能なFXが人気で、トレードをするときは信用できる業者を選ぶことが大事です。業者は国内と海外がありますが、システムが大きく異なりトレードスタイルに合わせて決めないといけません。業者を選ぶポイントは基本的にレバレッジや取り扱う通貨ペアの数や種類、スプレッドなどで、安心して続けやすくなるように決めたいものです。FXは基本的に2つの通貨を扱い価格差で利益を得る仕組みですが、国内と海外の業者では資金管理や金融ライセンスの有無、取引方式などが異なります。トレードは約定スピードや約定力がもっとも重要で、NDD方式ではディーラーが間にいないため早くなりスキャルピングに便利です。ただし、国内の業者ではDD方式を採用し、トレーダーを儲けさせないように調整されるため慣れれば海外の業者にすると安心できます。

業者は国内ではレバレッジが最大で25倍までに制限され、追証があり口座残高不足になれば請求されてしまいます。逆に海外では追証なしのロスカットシステムを採用し、入金額以上の損失を防げなおかつNDD方式を採用し約定スピードや約定力が高くて良いことばかりだと考えてしまうものです。しかし、英語を使えないと利用しにくいことや金融ライセンスを保有していないため信用できないこともあり、出勤拒否をされればせっかく利益を出しても意味がなくなってしまいます。このような状況を防ぐためには金融ライセンスがあり信託保全で資金を管理し、不正が行われないよう事前に調査してから決めることが大事です。

安心して取引ができるFX業者の選び方は人それぞれですが、海外であればレバレッジが高く追証を請求されないなどのメリットがありますが資金管理や金融ライセンスが無いと選ばないほうが無難です。FXはレバレッジが高いと少ない資金で多くの利益を出せますが、逆に読み間違えると損をすることになります。最近では海外の業者にもレバレッジの制限が加えられる傾向があり、取引方式や資金管理などを確かめてから選ぶことが大事です。取引方式はNDD方式を採用していれば約定力も高く、スキャルピングで短期間に多くの利益を出すこともできます。ただし、スプレッドが広くなれば取引コストが高くなり、スキャルピングに不利です。スプレッドはECN口座を選ぶと狭くなりますが、新規口座開設や入金などでボーナスなしなど制限がありますがスキャルピングをすると効率よく稼げます。