株とは会社が発行している株券を購入することで会社を支援することを名目にしているシステムになりFXとは、大まかに説明すると外貨の取引において決済が一定の金額になった際、その金額が高いか低いかを予想し、予想が正解していた場合において報酬を貰えるという仕組みです。この仕組みが初心者の方にはわかりやすいという名目があるのがFXです。

さて、どちらが初心者向けであるかについてですが、高額な投資をして利益を得るということにおいてはFXのほうが利点があります。と言うのも株の場合、自分が持っている銀行資産の3倍までしか取引をすることができず、自分の資産の3倍までしか購入できない決まりがあります。一方でFXはと言うと口座にある資金の25倍まで投資してFXによる取引をすることが可能です。ただし、この信用取引で使用するレバレッジが曲者でして、自己の利益がマイナスに転じているにもかからずさらに資金を流入させるとさらにマイナスに転じた場合、損をする率が高まります。

この時、たくさんの資金を借りることができればできるほど借金を作ってしまうということです。これについては株のほうが事故の資金の3倍までしか取引できないという決まりがあるので倍率的に考えると株のほうが安全です。しかも株の場合、所有することに意味があり、意味としては企業に投資をしているという側面から企業をよりよく知るきっかけにもなります。企業をよりよく知ることでほかにも似たような企業はあるのか、自分が興味がある企業はどのような企業であるかを知ろうと思い、色々と情報を調べるのです。

FXの場合は調べても分ることが限られていてどうしても運に頼る部分が生まれてしまいます。株の場合、運もそうですがその企業を信頼しているかも問われますので信頼できる企業であれば業績が悪くなってもいずれ回復します。そうした意味で見ればまず初心者は、会社や企業を知り知ったうえで企業に投資をする株のほうがおすすめできます。

別に損をしていても損害が大きくないうちであれば追加で融資をしてあげる必要性も無いですし、合えてその企業とは関わらないという選択肢を取ることができるのが株です。要はFXにしろ株にしろ一度に大量の資金を投入した場合、マイナスと転じれば大損になり、追加で資金を投入しなければならず、投入してからが大事で資金投入後もマイナスの場合、考えを改め取引自体を止めなければならないという選択を初心者の方が行えるかにかかっているのです。